中高年のデジタル生活を応援するパソコン・iPad・カメラ教室です

img0055.png パソコープ広場  pass認定校  パソコープ加盟教室  rpc.gif

Wi-Fi(ワイファイ)をわかりやすく例えると...

 昨今のスマートフォンブームでよく耳にするのが「Wi-Fi」。

Wi-Fiとは簡単に言うと「無線LANでインターネットに接続すること」です。

でも、よくあるのが
「iPhoneはWi-Fi+3Gで、
 iPadはWi-FiモデルとWi-Fi+cellular(4G)モデルの2つがあるけどどう違うの?」
と言った疑問。

Cellular(セルラー。4Gや3Gもほぼ同義)とは、
大雑把に言えば携帯電話回線のこと。
「基地局からの電波で通信をしますよ」ということです。

 

koki.png

どこまで行ってもわかりにくいので、
ここでは身近な電話に置き換えて説明します。

 

皆さんは自宅の電話で子機って使っていますよね。
電話線とつながっている親機と、
無線を経由して子機で通話ができます。

この場合、この子機がWi-Fiモデルです。
親機の電波の届くところでしか使えませんから、
当然おでかけに持って行っても外で通話できません
(そのかわり別途料金はかかりません)。

Cellular.png

携帯電話は外で話ができます。
これは住まいの近くにある携帯電話会社の鉄塔からの電波を経由
して通話ができます。
これがCellularです
(通信料が発生します)。

つまりWi-Fi+cellular(3G,4G)モデルとは
「親機の電波が届くところではWi-Fiで、外に出たらCellularで通信しますよ。」
ということです。

 

「だったら、全部Cellularでいいじゃない」と思うかもしれませんが、
もともと電話の音声のための携帯電話回線は、
データ通信をするのには回線スピードがあまり速くありません。

また、アプリのダウンロードといった容量の大きな通信を
みんながすると回線がパンクしてしまいます。

なので、無線LANルーター(親機のこと)があるところでは
Wi-Fiを使った方が効率が良いのです。

最近「Wi-Fiスポット」というステッカーを街で見かけるようになりました。
あれは無線LANルーターを各店舗が設置して
その電波の届くところではWi-Fiにつながります。
(ただし、各電話会社ごとの電波(白い犬のマークなど)だったりするので、
その会社以外の端末ではつながらないんですけどね。